読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実店舗型のアパレル不振に関して

 ここ数年実店舗型のアパレル企業が苦戦しているようだ。例えばユニクロファーストリテイリング)も2016年に大幅減益の決算を出しているし、ライトオンの不振もYahooニュースで報道された。優良企業のユナイテッドアローズも伸び悩みを見せている。
 ユニクロに関してはV字回復の計画だが、事業スタイルが違うため一概に比較できないとはいえ、増収増益企業が少ないのがここ2,3年の傾向のようだ。


 このニュースと絡めて、先日実家近くのつくば駅前の西武百貨店が閉店となった。柏駅前のそごうも既に閉店している。西武の事業方針もあるとは言え、駅前大型百貨店の不振ぶりは明らかで、実店舗型アパレル企業の不振と連動していると考えていいと思う。

 一方で同じアパレルでもオンライン型の企業は業績を伸ばしている。スタートトゥデイ(ZOZOタウン)、バイマやクルーズのファッションサイトも好調な決算をたたき出している。
 ユーザーとしてはいちいち店舗に足を運ぶ手間なしに、好きなメーカーの好きな商品を手に入れられるオンラインでの売買に魅力を感じているのかもしれない。
 この間読んだ海月姫のマンガにも描かれていたけれど、ハイブランドでユーザーを引きつけておいて、カジュアルダウンさせた服で利ざやを稼ぐというような話がすべてのブランドにおいてではないにせよ事実なのだろう。ファッションビジネス自体が変革の時期にさしかかっているとも言えるかもしれない。ファストファッション化がそのきっかけを作ったとも考えられる。


 安価な製品の大量消費、大手アパレルの類似商品の氾濫。結局似たり寄ったりのデザインの商品ばかりでは、安い方を選ぶのが人情というものだ。

 

 一方ZOZOタウンのようなECサイトでは、顧客はメーカーにこだわらず、好きな価格の商品を買える。しかも新品製品もあれば中古品もある。わざわざショップ巡りをしなくても、自宅でも外出先でも、いつでも好きな時間にショッピングを楽しめる。


 これは品質(デザイン)で商品を売ることから、顧客満足やサービスに重きを置くビジネスがユーザーに支持されているのではないだろうか。そう考えるともはやユーザーの求めているのが新しいファッションや他人との差別化ではなく、成りたい自分になるためのツールとして利用され、そしてそのコストパフォーマンスを見極めやすいファッションサイトが盛んになっているということになるだろう。


 最近ではインダストリー4.0、製造業のサービス化などと言われるが、アパレル業界でもビジネスの再構築が必要とされているのかもしれない。そのためには顧客とのコミュニケーションと、顧客心理の変化を敏感に察知することと、それを元に売れる仕組みを作ることが必要となる。

 

 今後もこの傾向は続くんじゃないかなと、個人的には思っています。投資に生かすならオンラインショッピング関連でしょう。とはいえショッピングサイトもたくさんありますし競争は当然あります、銘柄は絞って投資する必要があるでしょう。

 

朝鮮戦争はあるのか

 半島情勢が悪化してますが、実際朝鮮戦争が始まる可能性はあるのか、ということに関していえば、私はあるのではと考えてます。無いにこしたことはありませんが、そうなる可能性を考慮しておく、といったところです。


 まず、トランプ政権の政策運営がうまくいっていないという状況、そして支持率の低い現状から、政治を一旦保留にして軍事行動を起こし、あわよくば支持率の向上を目指すという戦略が考えられます。

 

 ブッシュ時代にもイラク戦争で高支持率をあげたことがありますので、そうした思惑はあり得ないことの空想に基づいている訳ではありません。まあその後は歴代ワースト3を記録する低支持率も出してましたが。

 

 このまま北朝鮮に核開発を続けさせたらいずれアメリカを直接攻撃できるようになるし、そうなってしまえば北朝鮮からすれば強力な外交カードを手にするということになる。そうならないようにということで今、軍事行動を起こす条件やきっかけがそろいつつあるように思います。

 

 テロに対する強硬姿勢を貫くことはアメリカ人からすれば、生活の脅威を減らすという結果にも繋がるし、これまで行ってきた移民排除のトランプ政策についても一応の一貫性が生まれる。オバマ政権下で広がっていったテロの脅威を減らし、世界の警察たるアメリカの復権は、アメリカ経済にとってはどうか知らないがアメリカ国民にとっては得るものも多いのではないか(主に気持ちの面において)という気がします。

 

 問題は開戦理由でしょうか。北朝鮮に先制攻撃してもらうのがアメリカ的には一番なのでしょうが、そうでない場合には各国からのバッシングや国内からも批判が出る可能性があります。低支持率に悩むトランプ大統領としてはそれは避けたいのではないでしょうか。

 

 これはあくまで予想ですが、びびり疑惑のある金正恩を挑発しまくって先に攻撃させるような行動をアメリカ軍は取るのではないでしょうか。そうすれば心置きなく北を攻撃できます。もちろんその際には韓国や日本に被害が出る可能性がありますので、注意したいです(したところで避けられぬこともあるでしょうが)。

 

 その結果は消費マインドの低下、外出を控える等の動きが予想され、旅行業界、外食業界など、内需関連にはマイナスの影響が出そうです。
そんなことを考え、今週持ち株をすべて手放しました。 
 一方でIT関連ではデジタルコンテンツ関連や小売りでは買いだめ需要が発生し、クラウド関連へのリスク回避的な投資行動も増えるかもしれません。

 

 戦争になったときにどのくらい長引くのかということも重要です。イラク戦争は完全終結まで8年くらいかかったようですが、正規軍は9ヶ月くらいで撤退していったようです。


 朝鮮戦争になった場合はあまり長引かないような気がします。独裁政権の軍事国家のため、政権と大量破壊兵器を崩壊させてしまえば割と早く片がつくように思えます。占領後どうするのかなどの問題もありますが、アメリカがある程度のビジネス的なイニシアチブを握ったあと、韓国との併合に向かうといったところでしょうか。


 現状、北が変わらない限り軍事衝突は避けられないと思いますが、被害が拡大しないといいのですが、アメリカやトランプ大統領はどう考えているのでしょうね。

最近の株式市場について(2017/04/10)

タイトル通り最近の株式市場について自分なりの考察をして見たいと思います。

 

ここ数日は完全に調整ムードでだいぶ売られましたね。

3月半ばから続いていた下落も一応一段落しましたが、まだ警戒も必要かと思います。

 

日本にせよアメリカにせよ、政治が進まない状態です。

日本は政治スキャンダルやらで、アメリカも医療制度関連の改正法案が見送られました。

アメリカは共和党が第一政党になり、議会と大統領のねじれが解消されたとはいえ、大統領支持率は40%程度との報道も出ていましたので、なかなかトランプ法案に即GOとはいかないのでしょう。議員達の中には次の選挙の思惑なんかもあるのかもしれません。

 

そんな予感も以前からあり最近は持ち株を減らしていたため、僕の持ち株について言えばダメージはほとんどありません。日経ベア2倍の株を買っておけば良かったと思っているくらいです。

株の循環物色もだいぶ進んだと思いますし、なかなか今後は上がりづらい状況かなと思いますし、トランプ政策への期待が剥落した場合などは日経平均の18000円〜17000円くらいまでの調整は、可能性としてはあるのかなとぼんやり思ってます。

 

最近は空売り攻勢がすごくて40%越えの日々が続いていましたので、今日は円安に振れたこともあり、自律反発の色合いが強いのではと思っています。空売りしていた人たちのポジション調整といった程度の買いで、本格的な日経平均株価の上昇はまだ先ではと懐疑的に見ています。

 

日経平均の20000円超えは5月の決算ラッシュが良かった場合はいくかな?

いずれにせよ、ずいぶん安くなった銘柄もあり、少し物色してみたいと思います。

みなさま初めまして、hikaと申します。30代の独身男です。

 

今日からブログ初めて見たいと思います。

 

日々の読書や見たマンガ、アニメの防備録的なことや、

株式市場や自分なりに分析した銘柄・市場考察や、

最近やっていること、出来事、欲しいものなんかを適当に書いていきたいと思ってます。

 

 

というわけで、最近やっていること。

 

最近はお酢を飲んでます。

 

お酢は疲労回復やダイエットにも効果的なんて話も聞きますが、僕的には血液サラサラ効果狙いです。健康診断で中性脂肪値が結構やばめだったものではじめました。

 

飲むときには水で3~5倍くらいに希釈して飲みます。むか~しむかし、めんどくさがってお酢を原液で飲んだ愚か者がいました。

 

はい、私です。

 

のどが痛み、むせてもだえた記憶があります。

 

皆さんは決してそのような愚かな行為はとらないと思いますが。おなかの調子が悪いときなどは注意して飲んだ方がいいみたいですね。

 

最初ははちみつ黒酢ダイエットを飲んでましたが、最近は内堀醸造というところの『飲む黒酢と果実の酢』という商品を買ってます。

 

はちみつ~は結構甘めですが内堀のは甘さはそんなでもなく、最初は中途半端な気がしましたが飲んでいるうちになれました。毎食飲むのにはこれくらいのがちょうどいい気がします。

 

 

以上、初投稿でした。

 

ではまた。